旅行

2012年5月24日 (木)

私と相棒と vol.5

翌朝。

Dsc_0316

車中泊した駐車場の周りも素敵なコースがあったので、風太とお散歩してみました。

Dsc_0318

この辺りは視界を遮るものがないので、どこまでも続く緑が美しい。

Dsc_0319

馬たちも気持ち良さそうに牧草を食べています。

Dsc_0325

三脚で風太と撮影。

Dsc_0331

朝も椅子を出して風太とまったり。

今日は何も予定がないのでゆっくり過ごします。

Dsc_0326

今回の旅で私の強い味方の4点セット。

風太。携帯、タブレット。そしてデリカ。

風太は私の精神的な部分を全面サポート。

タブレットはナビの代わりもしてくれたし、色々調べるのに重宝しました。

携帯電話はもちろん色々な問い合わせにも、人との連絡にも。

もちろんデリカは、私と風太を乗せて1,888kmの道のりを走ってくれました。

Dsc_0335

昨日のお散歩コースがとても気に入ったので、今日も行ってみることに。

Dsc_0336

ほっぺたぷっくり風太と

Dsc_0337

口から牧草の風太

Dsc_0346

またまた森のコースに入りました。

Dsc_0354

健康地蔵を見つけたので、家族の健康をお祈りしておきました。

Dsc_0355

Dsc_0357

気持ち良い散歩も終えて、今日はぼちぼち帰ろうかなぁと思ったけど、どうしても昨日の乗馬クラブに遊びに行きたくてオーナーに連絡。

「いつでもおいでー」って言ってくれたので、お邪魔しました。

Dsc_0362

Dsc_0363

Dsc_0364

Dsc_0367

Dsc_0370

1時間強、昨日とはまた違ったコースを案内してもらいました。

やっぱり乗馬大好き。

この日は3回走らせてもらいましたが、馬って本当に人間の気持ちをよく読みます。

1、2回目は気持ちよく走れて、私も「走れてる」って感覚があったのですが、3回目は何か私が馬のリズムと合っていない感じがありました。

そしたら馬が走るのを辞めてしまったんです。

私のリズムと気持ちが馬に伝わったんだなぁという実感がありました。

動物には嘘はつけない。恐ろしいほど見透かされます。

こういうのがあるから、動物と関わるのはやめられない。

Dsc_0375

帰ったら風太がかなりお待ちかね。

Dsc_0376

風太のあまりの喜びように、オーナーが写真撮っていてくれました。

Dsc_0378

奥さんがピザを買ってきて下さって、一緒に食べようと誘ってくれました。

Dsc_0379

昨日お会いした姉妹も一緒にお昼ご飯です。

Dsc_0394

牧場オーナーと奥さんと馬たちと一緒に。

Dsc_0395

それからみんなで。

ひょんなことで出会った大阪の姉妹の方とお友達になり、連絡先交換して、また大阪で会う約束しました。

夕方に大分を出発し、山口のPAで就寝。

翌日のお昼15時過ぎに自宅に到着しました。

最初雨は降るは、桜島は噴火するは、来るんじゃなかったかなって思ったけど、たまたま義まま。との電話で桜島の噴火を知りました。

知らずに行ってしまってから後悔するより良かったし、これまた偶然に義まま。と連絡取った日に、ルナアル家の皆さんが義まま。と一緒に京都にいたので、大分でお会いすることが出来た。

鹿児島に行かなかったので乗馬クラブに行けて、その浮いた交通費とガソリン代で2日も馬に乗ることが出来て、『ピン』とくる出会いがあった。

この旅に来るために、パパが車の後ろにベッド組んでくれました。使いやすようにと電気コードなんかも引っ張ってくれて、交通安全のお守りも貰ってきてくれて、快く送り出してくれました。

相棒の風太がいてくれたおかげで、たくさんの人たちが笑顔で話しかけてくれました。

風太パワーはすごいです。

私自身、心細い思いをしなくて済みました。

『ピン』ときた出会いのおかげで、自分が本当にやりたいことや目標が見えてきました。

迷った時こそ、視野を広げなければいけない。

そして自分が向かいたい道で成功している人の話を聞くのが一番の刺激になる。

乗馬クラブのオーナーは40年も馬に関わっていて、乗馬はもちろんのこと「育てる」ということがとても上手な人だと感じました。

馬に対する考え方を聞いていても、それは犬との接し方にも通ずるものがあり、とても共感出来た。

目の前にかかっていた霧が晴れたような、清々しい気持ちで帰宅できました。

今回の旅は、家族に支えられた旅でした。

パパの協力なしでは実現しなかったし、ミュウとりんくもお留守番を頑張ってくれました。私が帰ってきたら、もう大喜びで甘えまくり。

そしてずっと付き添ってくれた相棒の風太。

この5年でなんと立派な頼もしい相棒に成長してくれたことでしょう。

みんな本当にありがとう。

そして旅先で出会った人たち、親切にしてくださったルナアル家の皆さん、本当にありがとうございます。

よし。

自分の思ったように人生挑戦してみよう。

いいじゃないか。

1+1の答えは2って決まってるけど、人生の答えは一つじゃない。

たくさんの人が選んだ道が正解だとは限らない。

例え見た目の形が変っても、例えば私が家族を大切に思う気持ちはずっと変らない。

根っこが腐らなければ大丈夫。

| | コメント (8)

2012年5月23日 (水)

私と相棒と vol.4

朝もゆっくり寝かせてもらい、昨日はお写真撮れなかったのでルナちゃんとアルちゃんのお写真を。

Dsc_0193

いっぱい甘えてきてくれたルナちゃん

Dsc_0189

ルナアルママが言う「マイワールド」の意味がよく分かったアルちゃん。

ほんとマイペース(笑)

で、とりあえず確認なんですけど、ルナちゃんとアルちゃんてフラットですよね。。。

Dsc_0199

私を挟んで両側に寝てくれたんだけど、デカイ∑(゚∇゚|||)

Dsc_0200

2年前よりパワーアップのダイナマイトボディ(笑)

触り心地も抜群で可愛いったら。

ルナアルママの手作り朝ご飯をいただいたのですが、これがまた絶品。

ルナアルパパの気持ち分かるよーhappy02

そしてなんと、私に手作りのお弁当まで持たせてくれたのです。

「これで一食分助かるでしょ。」って。

今だから言うけど、感動して泣きそうになってしまいました。

何の事前連絡もせずに突然大分にいた私をもてなしてくれた上に、お泊まりまでさせてくれて、朝ご飯にお弁当まで。

感謝してもしきれないくらい嬉しかったです。

ルナアルパパ、ママ。ルナちゃんアルちゃん。

お疲れのところごめんなさい。

本当にありがとうございました。

次はちゃんと事前に連絡します(笑)

お昼過ぎにルナアル家を後にして、まずは別府湾SAで休憩。

Dsc_0201

あいにくの曇り空。

Dsc_0210

でも暑過ぎず良いかも。

と言うことで、誰もいないドッグランで風太と遊びました。

鹿児島にも行けなくなったし、これからどうしよう。もう帰ろうかなって思ったけど、やっぱり今回の目的のひとつでもある乗馬をしたくて、調べてきていた乗馬クラブに電話してみました。

別府湾から乗馬クラブまで約2時間。

到着して乗馬してたら営業時間過ぎちゃうし無理かなぁって思って電話したら、「今は日が長いし、構いませんよ。」って言ってくれたので、すぐ向かうことに。

Dsc_0214

途中で見えた久住高原の景色があまりにも美しかったので撮影。

Dsc_0215

Dsc_0217

2時間の予定をなんとか1時間半で到着して、乗馬をさせてもらいました。

Dsc_0220

風太は車でお留守番させようと思っていたら、奥さんが「外のデッキに繋いでおいていいよ。一緒にお留守番してるから。」と言って下さったのでお言葉に甘えて風太も外へ。

平日で他にお客さんもいないし、写真を撮ってくれるとのことでカメラをオーナーにお渡しして1時間のコースに出発。

Dsc_0222

Dsc_0226

オーナーと色んな話をしながら広い広い草原を馬の背に揺られて歩くのは、最高に幸せ。

でも私が馬に乗って離れていく姿を見ていた風太は、可愛そうなくらい吠えてましたwobbly

Dsc_0230

Dsc_0228

写真では分かりませんが、広い草原を走ってます。

速歩ではなく駆け足です。

もう楽しくてたまらん。

Dsc_0235

Dsc_0239

1時間強、オーナーと色んな話をしながら乗馬しました。

そして『ピン』と来てしまったのです。

Dsc_0242

クラブハウスに戻ったら、風太がふて寝(?)していました。

奥さんに聞くと、「とても大人しくていい子にしてたよ。」とのことでした。

Dsc_0244

牧場で飼われている黒ラブちゃん。

この子がまた人懐っこくて可愛い。

風太と同じ5歳でした。

営業時間が終わると、馬たちは放牧スタイルで飼われています。

「時間があるなら見ていくといいよ。」と言ってくださったので、お言葉に甘えて見学。

Dsc_0247

Dsc_0253

Dsc_0254

Dsc_0256

軽トラックをオーナーが運転して、奥さんが荷台から牧草を撒きます。

Dsc_0251

馬のゴロゴロは初めて見たhappy01

Dsc_0257

ダックスも牧場の子ですが、こうやって離されていても馬たちは決して踏むことも傷つけることもないんだって。

牧場に、私以外にも大阪から来られた姉妹がおられて、わざわざこの牧場で2日間馬に乗るために来たのに、前日に骨折してしまい乗れなくなったので、遊びにだけ来たとのことでした。

私がこれから温泉に行って、道の駅で寝るって話をしたら、オーナーが牧場と提携している宿泊もできる施設があって、そこにその骨折された女性とお姉さんを送って行くので、一緒に付いてきて温泉に入ると良いよと、そこの無料入浴券をくれ、車中泊も道の駅より良い場所があるとわざわざ案内してくれました。

風太とお散歩出来る素敵なコースまで案内してくれ、お礼を言ってお別れしました。

Dsc_0262

早速教えていただいたお散歩コースへ向かいました。
Dsc_0265

ひんやりと気持ちの良い森の中。

Dsc_0266_2


本当に深呼吸したくなる森だったので、風太と深呼吸。

Dsc_0268


本当に空気が澄んだ感じのする素敵な森でした。

Dsc_0273


小川もあって入水も出来た風太は、とても満足そう。

Dsc_0260


誰もいない広い芝生広場。

Dsc_0279

私が温泉に入りに行く前に、風太に晩ご飯。

こぼしてないのに、どこかにフードが落ちてないか念入りにチェック中。

Dsc_0290

温泉も貸切で、とてものんびり入浴。

上がってきたらとても美しい三日月と金星が出ていました。

Dsc_0291

見難いですが、三日月の右斜め下にあるのが金星です。

教えてもらった車中泊場所に到着し、私の晩ご飯タイム。

Dsc_0302

車のハッチを開けて、テーブルを作り、椅子を出して電球ぶらさげて星空の下で寛ぐ。

Dsc_0298

ルナアルママから持たせてもらったお弁当。

本当に美味しかったし嬉しかったしで、しっかり味わって食べました。
ルナアルママ、ごちそうさま。

Dsc_0301

お弁当の後はお湯を沸かしてカフェオレ入れて、風太とまったり。

たまーに通る車の音だけで他には何の音もない場所で、明かりも最小限。

風太とふたり、ただ座ってるだけの時間。

Dsc_0309

見上げた空には満点の星。

北斗七星がキレイに見えました。

寝る前に暗い中トイレに行くのがちょっと怖かったので、風太に付いてきてもらいました。

トイレの前で歯磨きしてる私を見守っていてくれる風太は、頼もしくもあり。

幸せな気分でおやすみなさい。


| | コメント (2)

2012年5月22日 (火)

私と相棒と vol.3

私と相棒の絆を深めてくれたもの。

その大きな要因のひとつが登山です。

林道や山道の平坦コースでは私との距離を気にしたりもしますが、登山でしか出てこない風太の行動。

それが『頼る』です。

後ろ脚の股関節形成不全で手術をし、筋肉もかなり発達したとは言え、上がれない段差はどうしてもある。

その境目を自分で知っているので、自信のない段差の場合は私の方を振り返り私を頼ってくれるのです。

でも今まで本格的な登山はパパと3人でした。

今回は初めて風太とふたり。

とにかく無理のない行程で、目指すは頂上ではなく、楽しく歩いて安全に下山することを目標に出発しました。

Dsc_0100

風太の装備は暑さ対策のクールベストと、段差などを持ち上げてやる為のハーネスです。

Dsc_0108

登山口で記念撮影。

Dsc_0101

いきなりの階段。

実はここがいきなりキツイsweat01

この時点で今日はもう無理かもと思ったくらいですcoldsweats01

Dsc_0104

なんとか登りきって展望台に到着。

Dsc_0102

風太もこの通り。

でも実は疲れているのではなくて、水入れ背負わされて不貞腐れるの図smile

まずこの展望台で「この犬は何ていう犬?」というお決まりの文句で話しかけてもらい、少しお話。

この後も何度となく本当に出会う人ほとんどに話しかけていただきました。

「この子も一緒に頂上に上がるの?」

「お姉さんとふたりなの?」

「偉いねぇ、頑張ってね」

「いいねぇ、憧れるわ。最高の相棒やね。」

などなど。

Dsc_0113

少しずつ高度を上げていきます。

Dsc_0115

桜も、紅葉も、雪景色も好きですが、私はこの新緑が何より大好きです。

Dsc_0120

ここからは岩場。

一眼レフをしっかり背負って、風太と頑張ります。

少し手助けも必要でしたが、ほとんど自力で登ってくれました。

一か所だけ、どうしても自分で下りられない岩場の段差があり、頑張りたい気持はあるものの怖くて下りるのを拒否。

ハーネスを引っ張っても、抱き上げてやろうとしても嫌がる。

「ママが今まで風太を見捨てたことあるか?絶対下ろしてあげるから大丈夫。」って強めに言ってみたら、突然体重を預けてきました。

無事下ろしてやることが出来て、先へ進みます。

Dsc_0122

長い尾根道。

今からあそこを歩きます。

Dsc_0123

Dsc_0124

しばらく進むと広い場所に出たので少し休憩。

パパと2人の時は荷物も分担して持てるんだけど、今回は私一人なのでいつもより荷物が重たくてバテるが早い。

とにかく暑さが心配だったので、水分をたくさん詰め込んできたので重いsweat01

Dsc_0125

今回私が飲み水とは別にたくさん持ってきたのはコレ。

スーパーで買ったジッパー付きの袋に入った氷。

氷が溶けてきたら飲み水にも使えるし、風太のクールベストが乾いてきたら、この袋に入れて溶けた水を入れてフリフリ。

そしたらクールベストがとってもひんやりpenguin

Dsc_0126

風太に「まだいける?」って聞いたら、先へ進み始めてくれたのでまた出発。

Dsc_0128


まだまだ先は長いぞ。

Dsc_0130

足場が岩なので歩きにくいけど、風太はここも難なくクリア。

Dsc_0131

一生懸命何かをのぞいているので私も見てみると

Dsc_0132

とても雄大な景色と青空が広がっていました。

Dsc_0135

しばらく平坦な歩きやすい道が続きます。

風太は始終ぴったりと私の側を歩いてくれたので、すれ違う人たちに

「賢いね。」

「救助犬ですか?」

なんて言われながら進みました。

でもみんなが犬好きとは限らないし、山に犬を連れてくること自体を良く思わない人もいるので、人に出会う度にドキドキ。

幸い今回は全ての人が風太に笑顔を向けて、頭を撫でてくださる人たちばかりでした。

Dsc_0136

避難小屋に到着。

風太、一目散に避難ですhappy01

Dsc_0139

避難小屋から山頂までは山岳用語でガレ場と呼ばれる足場で、大小の岩や石がゴロゴロしていてとても滑る。

私のペースが極端に遅くなってしまいましたが、風太はちゃんと合わせてくれました。

目下に広がる街並み。と言っても、ほとんどが緑の牧草地帯。

Dsc_0140

最後の岩場。

ここを登りきったら頂上だよ。

Dsc_0142

そして遂に久住山山頂に到達。

休憩を頻繁に入れたし、とにかく安全に来たかったので予定より時間かかったけど、無事登頂。

Dsc_0144


この達成感と景色があるから、登山はやめられません。

Dsc_0145

Dsc_0155

本当は久住連山を縦走したかったんだけど、とにかく今回は風太とふたりだし、無理はしたくないので下山することに。

Dsc_0152

さっきいた避難小屋が、最大の望遠でこの大きさ。

Dsc_0154

なんかカラスが画になったので撮影。

山頂にいた若い男の子3人と少しお話して、先に山頂を後にしました。

下りは2時間で駐車場まで到着。

途中、やっぱりたくさんの人たちに声をかけてもらいながら下山。

5時間の登山を終えて登山口に帰ってきたら嬉しくて、「頑張ったね、偉かったね、ありがとう。」って風太を抱きしめてたら、周りの人に「最高のパートナーやね。」って言ってもらいました。

ご褒美にふたりで食べたソフトクリームは、最高に美味しかった。

しっかり休憩して黒川温泉に向かう途中で、恋人の丘なるものを見つけたので寄り道。

Dsc_0157

とてもキレイな緑の広がる展望台でした。

その東屋におじさんと奥さんと思われる女性がいらっしゃって、車のナンバーを見て

「大阪からひとりで来たと?」って話しかけてくれました。

次のセリフはやっぱり「その犬はなんて種類なん?」でしたcoldsweats01

「たくましかねぇ。でも女の子の一人旅は危ないけ、ワンちゃんと離れんようにせんと。」ってまた言われた。

普段は風太が私から離れないように訓練してるのになぁ。

それから私、「女」ではあるけど「子」ではないsweat02

で、ふたりの写真を撮ってあげようとわざわざ自分の車をどかして写真撮ってくれました。

Dsc_0158

しばらくお話してお二人は帰られたので、風太と景色を楽しみました。

Dsc_0161

猫岳という名前の山で、熊本の人の間では有名な山だそう。

Dsc_0160

風太と一緒に写真を撮りたくて三脚を持ってきていたので、セットしてたら登山疲れで寝てしまう風太。

Dsc_0162

うんうん上出来heart04

Dsc_0163

やっぱりこの新緑と青空、好きだなぁ。

お友達のブログで黒川温泉の「山みずき」が素敵だって書いてあったので、私も行ってみました。

川沿いのお風呂でとても気持ち良く、しかも貸し切りだった(*^^)v

そこから車を1時間半ほどビューンと飛ばして別府へ。

今日は東京から帰ったばかりでお疲れであろうルナアル家にお泊まりさせてもらえることになり、図々しくお邪魔してきました。

知り合いの居酒屋さんに連れて行ってもらい、美味しいもの食べながらお酒飲んで楽しくおしゃべり。

気付けば夜中の1時過ぎ。

Dsc_0176

Dsc_0177

ルナアル家のフワフワお布団でゆっくり寝かせてもらいました。

あー、今日は幸せだぁ。

| | コメント (0)

2012年5月21日 (月)

私と相棒と vol.2

朝起きてみると、なんと雨(。>0<。)

お散歩コースとか調べてたのに、いきなり出鼻をくじかれる。

もうテンション下がりまくりdown

とりあえず風太を朝のお散歩に連れ出すと、地元のおじさんに声かけられました。

「その犬は、何ていう犬種?」から始まって、犬談義。

おじさんはラブラドール7頭にシェパード1頭飼われているそうです。

大阪からふたりで来たと話すと「根性あるなぁ。変な人に声かけられたら無視せないけんとよ。この子(風太)から離れんようにせんと。」

って言ってくれました。

おじさんとお別れして、朝ご飯のパンを齧りながら車の中でどうしようか思案した結果、どうせ濡れるならと川遊び。

Dsc_0059

霧のような雨だったので、レインコート着て長靴履いてレインハットかぶって。

Dsc_0060

川を見たら風太は大興奮。

Dsc_0031


早速入水。

川なので、少しでも雨が強くなったら危ないから引き上げようと決めて遊んでいたら、一瞬だけど空が明るくなってすっごい小雨に。

Dsc_0040


Dsc_0053


それにしたって風太は泳ぎまくって上がって来ない。

よっぽど嬉しかったみたい。

岸まで戻ってきたら、またくるっと向きを変えて泳いで行っちゃいました。

私はレインコートの中から、たまにカメラを出しては撮影。

Dsc_0054


1時間くらい遊んで風太も満足してくれたかな。

とにかくとても良い表情してくれていました。

そこで改めて気付いたんですけど、私もとても楽しかった。

雨でテンション下がってたけど、風太が嬉しそうだと私も嬉しいんだ。

そしたら「雨がなんだー」って気持ちになりました。

水遊びも想定して、車の中は完全防水仕様にしてあったし、濡れて汚れて遊べば良いのだ。

駐車場で風太を拭いてたら、トラックに乗ったご夫婦に声かけられました。

またまた「その犬はなんていう犬種?」から会話が始まり、「うちにもラブラドール3頭とシェパードがおる。」って。 また!?

ラブラドールとシェパード、九州では流行りかしら。

風太と大阪からふたりで来たと話すと、「根性あるなぁ。でも危ないから気をつけんといかんよ。犬から離れんようにな。」って。

まったく同じ会話。

そして何故だか私が風太から離れないようにって言われる(笑)

Dsc_0061

お昼ご飯は「岡本とうふ店」へ。

Dsc_0064

お豆腐定食をいただきました。

生あげはお醤油とゆず酢、ゆず胡椒をつけていただきます。

豆乳とお味噌汁と白ご飯。おからと、こんにゃくの田楽、切干大根と厚揚げの煮物が付いていました。

生揚げがメインなんだけど、お味噌汁は具がたくさん入っていてとっても美味しいし、田楽の味噌がこれまた絶品。

お腹いっぱいになりました。

Dsc_0071

食事が済んで店の外に出てみると、雨が本降りになってしまってましたcrying

Dsc_0072

とりあえず、となりの岡本さんで豆腐ソフトクリームを買って食べました。

ほんのり甘くて豆腐の味がしっかりしていて、これまた美味。

Dsc_0074

雨宿りしながら食べてたら、お店のワンコちゃんが近寄ってきてくれました。

Dsc_0076

大人しくて可愛い子。

Dsc_0081

車に戻ったら、お約束のお裾分けです。

まだお昼過ぎなのに、雨のおかげですることない(ノ_-。)

これまたどうせ濡れたり汚れたりするならと、前日にパパが調べてくれた湯布院にある「癒しの湯」に行くことに。

ドッグランもあるし犬の温泉もあるみたいなので、思う存分汚れて洗ってしまおう作戦です。

ここから2時間の移動。

電話してお天気の状況を聞くと「パラパラ降ったり止んだりですが、そんなに酷くは降っていませんよ。」とのこと。

それならと頑張って高速を飛ばして現地へ向かいました。

到着したら普通に雨( ̄Д ̄;;

「お電話いただいた時は降ってなかったんですけどねぇ。」だって。

でもせっかくだからドッグランと犬の温泉を使わせてもらうことにしました。

Dsc_0089

ドッグランには小さな小屋というか屋根のあるスペースがあって、私はそこで写真撮るつもりだったのですが、私が屋根の下にいると風太も近くにいて遊ばないsweat02

Dsc_0088

無理やり追い出して(笑)遊んでる雰囲気を撮影したら、私も雨の中へ。

おもちゃも持って行ってなかったし、ふたりで雨のドッグランをうろうろ。

走ってみたり、かくれんぼしてみたり。

風太が満足したと言うよりは、私が飽きたので(笑)ドッグランは終了して、風太をお風呂に入れました。

大型ドライヤーも完備していたので、しっかり乾かせて助かりました。

私も源泉かけ流しの温泉に入ってほっこり。

とにかく九州は温泉がいっぱいあるし、値段が安いです。

しかも平日だから貸切♪

しっかり体を温めて、また2時間かけて道の駅へ戻りました。

夜ご飯は道の駅近くのスーパーで唐揚げとおにぎり買って、無料のお味噌汁もらって車の中で。

このシチュエーション、一人だったら泣いてたかもhappy02

でも風太がいてくれたので、勝手に風太に話しかけながら泣かずに済みました(笑)

夜ご飯食べたら、義まま。から電話。

そして桜島が昨日今日と爆発的噴火を繰り返してることを知る。。。

あさってから鹿児島満喫の予定だったのにcryingcryingcrying

こんなことってある??

晴れだと思ってたら雨だったとかなら分かるけど、爆発って。

ニュースの写真では火山灰が降ってくるので傘をさして歩く人たちの姿が。。。

風太もいるし何かあってからでは遅いので、鹿児島行きは中止することに。

もう完全に心が折れるdown

でも明日はお楽しみがあるから頼む。晴れて!!!

| | コメント (0)

2012年5月20日 (日)

私と相棒と vol.1

その記念すべき5年目のこの日、色んな気持ちを胸に相棒と1週間ばかり、ふたり旅に出ることになりました。

元々一人で旅することは好きで、結婚前はニュージーランドに一ヶ月旅に出たり、温泉に一人で行ってみたり。

その経験は、私の中にいる自分でも知らなかった自分と出会うことが出来る旅でした。

素敵な出会いもあり、今でもそこで出会った人たちとは連絡を取り合っています。

私はちょっと面倒くさい人間で、自分がする行動には自分で納得する理由がないと出来ません。

誰かがしていたからとか、流行ってるからとか、私の中にそういう理由は存在しません。

誰にバカにされたとしても、自分が納得していれば胸を張っていられるのです。

たとえば他人が私に「あなたは十分幸せじゃない」と言っても、私自身がそう感じていなければ意味がない。

こんな変わり者なので、私は友達も少ないです。

その代わり、『ピン』ときた相手とはずっと長く友達でいられるし、繋がっていると思っています。

そして人生に何回か、その『ピン』が必要な時がある。

それが今な気がしました。

とまぁそういう訳で、5年間私と一緒に苦楽を共にしてくれた相棒にお供を頼み、今回の旅が始まります。

Dsc_0015

助け合っていきましょう。よろしくね。

120520_122804

後ろはベッドを組んでいるので、風太は助手席。

犬用シートベルトを装着して寛ぎます。

Dsc_0022_2

途中のSAで、あっかんべぇの風太です。

Dsc_0024

広島のSAではフラットのクロスちゃんと出会いました。

私が風太と歩いてたら、「すいませーん!!」って飼い主さんが走ってきてくれて声かけてくれました。

Dsc_0027_2


そして橋、渡ります。

橋を渡って福岡に入ったら、雨が降り出しました。

太陽は沈んで暗くなるし、雨は降ってくるしで心が折れそうになったけど、立ち寄ったガソリンスタンドのお兄ちゃんが男前だったので復活(*≧m≦*)

高速降りる前に大分道の山田PAで鳥天定食食べるの楽しみにしていたのに、なんと売り切れ _| ̄|○

かきあげうどんしか残ってなかった。。。

仕方なしにかきあげうどん食べて(しかも苦手がグリーンピースが入ってたsweat01)そこからまだまだ走り続けて、やっと到着したのが「岳の湯 地獄谷温泉 天句松 裕花」さん。

露天風呂を堪能して、道の駅に移動。

なんと自宅からの移動距離735km∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

私も風太も移動疲れで就寝となりました。

明日は雨止んでますように。

| | コメント (0)

2012年4月30日 (月)

Fuji Five Lakes 3日目

3日目は、ちょっと違ったお楽しみが待っていました。

Dsc_1342

曇ってはいるけど、なんとか顔を出してくれた富士山。

一度訪れたいと思っていた朝霧アリーナです。

そしてそして!!

Dsc_1345

お久しぶりの若葉ちゃん

Dsc_1348

そして今回会えるのは若葉ちゃんだけかなぁって思ってたのに、すけぼんさんがお休みだったので、小春ちゃんにも会えました。

Dsc_1347

もちろん風太も。

Dsc_1351_2

広い広い芝生広場が貸切です。

Dsc_1360 

若葉ちゃん(左)と風太。

Dsc_1356

と、そのパパたち。

何話してるんやろ(≧m≦)

Dsc_1358

どないなってるんか分かりませんが、若葉ちゃんと風太が絡んだの図。

昔は2ひきでガウガウと寝技してたのに、今回はお互い絡まず。

なんか大人になっちゃって、ママは寂しいぞ。

Dsc_1363

Dsc_1367

Dsc_1377

2ひき仲良くおもちゃハミハミ。

何故か同じ方向向いて遊びます。

Dsc_1382

Dsc_1380_2

Dsc_1392

何をするでもなく、ウロウロ忙しそうに動き回るワンコたちの行動が笑えた。

Dsc_1383

パパが若葉ちゃんをナデナデ

Dsc_1385

ありゃりゃ。

Dsc_1400_2

富士山をバックに若葉ちゃんと記念撮影

でもやっぱり、富士山の白と犬の黒を撮影するのは難しいです。

午前中いっぱい広場で遊んでから本栖湖に移動したのですが、 曇ってるし風は強いしで寒い(ρ_;)

なので私たちが宿泊している道の駅に戻って遊ぶことにしました。

Dsc_1411

うちのトレーラーでナオぼんさんが調理中。

狭いキッチンですみません(人><。)

 Dsc_1413_2

その横で、ミノムシカバちゃん出来上がりでございます\(;゚∇゚)/

Dsc_1415

調理している間にパパたちが設営してくれました。

Dsc_1418

お料理の詳細を撮影するとナオぼんさんに怒られるので(笑)遠目から。

パエリヤとか、コーラ豚と鶏とか煮卵とか、とっても美味しかったしお洒落でした。

Dsc_1428

デザートにはナオぼんさんお手製の焼きプリン。

言われるまでお店で買ってくれたのだと思っていた美味しさ。

本栖湖はあんなに曇っていて寒かったけど、河口湖まで戻ってきたら空も少し明るく、気温も暖かで贅沢なひと時を過ごせました。

小春家の皆さん、ありがとうございました。

本当に楽しかったです。

小春家の皆さんとお別れして、ちょっとお散歩へ。

Dsc_1441

今にも雨が降り出しそうな黒い雲が近付く中、富士山撮影ポイントへ。

Dsc_1455

Dsc_1464_2

雨降りそうで、でも雲が流れていって降らなかったので湖畔をお散歩

Dsc_1468_3 Dsc_1473_5

芝桜や菜の花も咲いている小道を歩きます。

Dsc_1478

夕暮れの富士山

Dsc_1484

日が沈むのはあっという間

Dsc_1490

風太号の陰から猫が出てきました

Dsc_1491

ミュウとりんくはどうしてるんだろう・・・

Dsc_1493

懲りずにもう1枚。

7、8年前だったでしょうか。ディズニーランドに行った時、「別にディズニーファンじゃないし」って冷めた気持ちで訪れたのに、パレード見て大はしゃぎしてしまいました。

富士山も特に大好きとかいう感情はなかったのですが、目の前にするとシャッター押しまくり。

どういうアングルが富士山の雄大さを引き出せるかなんて考えながら、気付いたら虜になっていまっていました。

暗くなってから、富士山と夜景がキレイに撮れるポイントにすっごい細い急坂を上って迷いながら到着したのに、曇っていて富士山見えずdown

見えたり見えなかったりする、この罪深いところがまた魅力なのでしょう。

Dsc_1499

今日の夜ご飯はほうとう。

Dsc_1500

広いお座敷のお店でした

Dsc_1507

私のは『南瓜ほうとう』馬刺しともずくとお漬物が付いています。

パパは『豚肉ほうとう』を頼みました。

体も温まるし美味しかったー。

でもお腹はち切れそうになりましたsweat01

温泉入ってトレーラーで就寝。

最終日へ

|

2012年4月29日 (日)

Fuji Five Lakes 2日目

2日目の朝。

Dsc_1212

今日も良いお天気。

Dsc_1213

風太、おはよう。

今日も一日楽しく過ごそうね。

こんな素敵な芝生広場がありますが、実はここ芝生内で犬のお散歩禁止です。

なので湖岸の遊歩道をお散歩。

Dsc_1214_2 

Dsc_1215

Dsc_1217

トレーラーで朝食とって、今日は山中湖方面でお出かけ。

Dsc_1222

山中湖の長池親水駐車場からの富士山。

富士五湖は、ビューポイントもたくさんありますが、どこも駐車場が無料なのが有難い。

Dsc_1224

今日も気温が高いのに今から山登りをするので、とりあえず風太とクールベストを濡らす為、山中湖へ入水。

Dsc_1226

風太を十分に濡らして山道へ入ります。

Dsc_1227

とても懐かしい空き缶見つけました。

Dsc_1229

木の左側にリス発見。

私たちは大型犬連れでバスやタクシーに乗れないから、登山は基本的に駐車場から出発して駐車場へ戻る。

だから観光協会などで推奨されているルートではなく、ショートカットして登れるコースを選びました。

でも地図に載っていないルートだったので迷ったsweat01

途中まで道があったのに、いきなり道が無くなってただの山肌に。

キジは歩いてるは鹿は走ってるはでドキドキ。

迷わないように木にウンチ袋を結んで目印にしておいたのですが、安全第一なので断念して元の道へ戻りました。

Dsc_1233

やっと正しい道を見つけた時は感動でした(;´Д`A ```

Dsc_1238

どんどん急勾配の山道を登って空に近づいていきます。

Dsc_1239 

山頂に近づくにつれ高い木が無くなっていくので、影がまったく無い。

もう地獄のような暑さで、滝のような汗。

風太もハァハァ。

Dsc_1256

ワーイ、やっと頂上。

大平山 標高1295.5m

でもまたまた富士山頂には雲がweep

あまりにも暑かったので、ベンチもありましたが東屋の下でお弁当を食べることに。

東屋の下は日陰だし風も冷たいし心地よく、風太のハァハァも治まりました。

Dsc_1250_2

Dsc_1253

風太とお写真撮り合いっこです。

本当はこの日、石割山にも縦走の予定だったのですが、あまりにも暑いので風太も心配だし下山して、夕方もう一度登ることにしました。

Dsc_1259

森の中は木陰もあって暑さが緩和される。

Dsc_1257

葉桜になってしまった木に、一部だけ花が残っていました。

Dsc_1262_2

山中湖畔まで下山して湖岸を歩いていると、卵を温めているのであろう白鳥のお母さん。

Dsc_1265

さっきと同じポイントで、風太をクールダウンさせました。

日が傾き始めるまでログハウスのcafeで休憩することに。

そうそう、富士五湖はテラス席ならワンコOKなお店もたくさんあったので、それもとても助かりました。

今回私たちが行ったのは「Tom Dog」というお店。

Dsc_1266

パパはマンゴーパフェ

Dsc_1269

私はNYチーズケーキとグレープフルーツジュース

風太には氷水coldsweats01

Dsc_1270

気温のピークも過ぎたので、登山のはしご。

Dsc_1279

明神山の山頂を目指します。

Dsc_1271_2 

この山の足場は溶岩が砕けてできた小さな砂のようなので、急勾配のところは滑るsweat01

Dsc_1293

太陽も富士山もガスの中なのでハッキリ写りませんが、雄大な景色でした。

Dsc_1295

途中の木には新芽。

ここにも春が来ています。

Dsc_1319

明神山山頂から三国峠を通って三国山へ行くつもりだったのですが、途中でパパと喧嘩

┐( ̄ヘ ̄)┌

林道ハイクにしても登山にしても、私はある程度近い距離で3人の群れとして歩きたいのに、パパは先々と歩いて振り向きもしないannoy

昔も一度それで喧嘩になったのに、また同じことをするので私が激怒(○`ε´○)

文句言ってもどうにも腹の虫が治まらんbomb

でも、そこで活躍したのが風太。

一生懸命私に寄ってきて愛想振りまく姿に、なんとも愛おしいものを感じて山歩き再開。

おっさん、風太に感謝せぇよ(`◇´*)

Dsc_1333

本当はもっと暗かったのでブレたけど、三国山への道。

Dsc_1338

山頂には無事到達したけど、眺望はなし。

Dsc_1321

雄大な景色を眺める風太

左下にポツンと風太がいるのですが、この写真なんだか好きです。

無事下山して、温泉に入り調べていた回転すし屋さんに行きました。

海が近いわけでもないのに、ネタは分厚くてでも柔らかくてとても美味しい。

ここは富士五湖にまた訪れたら寄りたいお店です(* ̄ー ̄*)

そしてまたトレーラーでプチ宴会して就寝。

そうそう。

登山終わって車で何気なく自分の顔を触ったら、顔中なんかジャリジャリ。

砂でも付いたのかなって思ったけどなんか白い。

なんと汗かき過ぎて、顔で塩を生成していたみたいsweat01

3日目へ

|

2012年4月28日 (土)

Fuji Five Lakes 1日目

今年のゴールデンウィークは間に平日があるので、前半の4日間でお出かけしました。

先月の14日に開通したばかりの新東名高速を通って富士五湖へ。

眠気に負けそうになりながらも、運転交代しながら7時間かけて基地にする道の駅へ到着。

空が白み始めた頃に到着して就寝しました。

翌朝

Dsc_1100

到着した時は周りが暗くて気付かなかったけど、桜が満開。

またお花見出来るとは思わなかったcherryblossom

Dsc_1101

道の駅の向かい側には広い芝生の公園が。

Dsc_1103

朝からとっても気持ち良いお散歩ができます。

トレーラーで朝食を取った後、最初の目的地へ。

Dsc_1105

その駐車場から見えた富士山。

Dsc_1109

Dsc_1112

山の景色は大好きですが、富士山はさすが日本一の山。

感動が違います。

Photo

今回最初の挑戦はカヌー。

最初に30分ほどレクチャーを受けた後、3時間ほどフリーで遊べます。

でも風太はとにかく湖を前に泳ぎたくて仕方が無いので、レクチャーが終わったらとりあえず風太を泳がせてガス抜きさせました。

写真はインストラクターの方が撮ってくれました。

さすがにイチデジ持ってカヌーは怖いので、お写真はこの1枚のみ。

風太最初は湖に飛び込もうとしていましたが、何回か乗っているうちに慣れてきたようで気持ちよさそうに乗る。

でも湖の底が見えなくなると怖いらしく、湖の真ん中まで行くとガタガタ震える。

可哀想だから岸に戻りしばらく水遊びして、また出発しようとすると自分から乗船coldsweats01

カヌーは初めてだったけど、富士山を真正面に見て気持ちの良い湖上の散歩が出来ました。

Dsc_1118

カヌーを終えたら、もう富士山の山頂には雲がかかってしまいました。

Dsc_1120

対岸はキレイな桜並木。

Dsc_1121

雲がかかる前に撮れば良かったなぁ。

Dsc_1124

富士山ビューポイントからの富士山ですが、やっぱり雲が邪魔をする。

Dsc_1129

Dsc_1126 

この日の気温は27度もあったとか。

水辺にいたから気付かなかったけど暑いsweat01

Dsc_1136

お昼は道の駅で「イトリキカレー」をいただきました。

Dsc_1140

デッキならワンコOKなので風太も一緒。

Dsc_1141

食後のソフトクリーム。

Dsc_1143

風太の熱い視線を受けながらソフトクリームを堪能

Dsc_1146

「いただきまーす」

Dsc_1148

気温がピークを過ぎるまでトレーラーで休憩。

パパはお仕事。

Dsc_1149

風太は「早くお出かけしましょう。」って言ってます(多分・・・)

Dsc_1151

夕方からは山登りです。

風太家はこうじゃなくっちゃ(≧∇≦)

Dsc_1152

お日様が傾き始めたから暑過ぎず寒くもなく良い感じ。

風太も私も山歩きを始めると気分がルンルンnote

Dsc_1158

そしてこの景色\(^o^)/

「うわー、うわー」しか言えません。

ずっと見ていたい景色でした。

Dsc_1161

残雪のある頂上付近

Dsc_1163

しかし、残雪で白い富士山と黒い風太を一緒に撮るのは難しい。

Dsc_1164

更に気持ちの良い山道を進みます。

Dsc_1168

富士山と河口湖が一望できるポイント

Dsc_1171_2

キレイだねぇ。

Dsc_1172

Dsc_1177

岩登りもあります。

Dsc_1178

でも岩場なんて何のその。

Dsc_1182

桜の花びらみたいな葉っぱ

Dsc_1187 

頂上までの最後の登りは、キッツイ急勾配。

Dsc_1188

そして黒岳山頂。標高1793m

Dsc_1195

でも富士山は雲の中。

キレイな富士山の姿を見られるのは、本当にタイミングの良いことなんだと思いました。

Dsc_1197

景色は諦めて下山し始めると、雲の中に入っちゃいました。

雲の切れ間から下を見ると晴れてるのに、私たちの前を白い雲がどんどん通り過ぎる。

Dsc_1205

さっき富士山がとてもキレイに見えた場所が、もう視界ゼロ。

しかも雲の中って寒いです。

私たちより後から来たおじさんは、何も見えないので残念そうに帰って行きました。

歩いて汗かいた後は、温泉に入ってご飯食べてトレーラーでプチ宴会。

この日の晩ご飯は温泉に隣接している居酒屋で食べたのですが、美味しくなかった

(ノ_≦。)

Dsc_1207

翌日の行程を予習して就寝です。

2日目へ

|

2011年11月 6日 (日)

悪あが記念日の旅 4日目

最終日の朝は、広島のSAで迎えました。

お天気は、例のごとくどよよーんcloudです。

せっかくの旅行でしたが、みんななんか不完全燃焼です。

九州では一瞬の止み間を利用してお散歩という悪あがきを繰り返してました。

そして、この旅行最後の悪あがきです。

Dsc_0847

森林公園を見つけてやってきました。

場所はなんと

徳島県!!!

だって、天気予報で徳島県は曇りってなってたし。

この公園に向かう間、お天気はずっと雨でした。

到着したら、なんとか曇り。

Dsc_0848

さ、さ、風太さん。存分にはじけて下さい。

Dsc_0850

Dsc_0851

せっかくはじけてたのに、雨が降ってきました。

でも気にしない。歩くもん。

Dsc_0861

山歩きスタートrock

Dsc_0862

歩きましょっ、歩きましょっnote

Dsc_0853

Dsc_0855

展望台からの景色。

登りってしんどいけど、景色を見ると疲れが吹っ飛ぶ。

Dsc_0858

風太も楽しそう。

山歩き好きだもんねぇ。

Dsc_0871

道は一面カサカサ落ち葉。

Dsc_0873

他に誰もいないので、カサカサと3人の足音だけが響きます。

植物の名前に疎いので、私が見ると

Dsc_0875

ハリネズミ

Dsc_0879

タコ

Dsc_0881

タコになる前の姿

Dsc_0880

何か上が気になる風太

何かいるのかな?

Dsc_0885

風太に水あげてるパパ。

なんかめっちゃ頑張ってる感じsmile

P1010264 

最後は川遊び。

これがまたとっても嬉しそうだったんだなぁ。

P1010265

満足したのは、なぜか徳島でsweat01

お天気だけはどうしようもないもんなぁ。

なんだかんだ言いながら、何かしてる間だけは雨降らなくて不幸中の幸い?

でも、楽しみにしていた登山出来なかったし。

うーん。。。微妙な旅でした。

| | コメント (2)

2011年11月 5日 (土)

悪あが記念日の旅 3日目

3日目の朝。

やっぱりお布団で寝ると疲れも取れますhappy01

Dsc_0706

朝からテラスでくつろぐ風太。

とりあえず曇ってるけど、雨は降っていません。

Dsc_0711

朝食の和食バージョン。

Dsc_0712

一品も、焼き魚もだし巻き卵も絶品。

Dsc_0715

洋食バージョンのオムレツ ベーコン添え

豊後牛のソテー

パンに手作りジャム

Dsc_0717

デザートのフルーツ。

お腹いっぱいいただきました。

チェックアウトまで時間があったので、ドッグランで遊びました。

どうせお天気悪いし、チェックアウトぎりぎりまで居座っちゃいましょう(笑)

Dsc_0731

Dsc_0732 

Dsc_0742

ドッグランも広くて、とてもキレイにお手入れされています。

Dsc_0744

本気で走ってみたけれど、全く追いつかず。

当たり前なんだけど。。。

Dsc_0750

黒いうさぎちゃんは、パパの元へ到着。

おばはんは後ろでバテたsweat02

Dsc_0758

Dsc_0760

本当にぎりぎりまで遊んでチェックアウト。

最後まで気持ちの良いお宿でした。

さて、これからどうしましょうってことで、とりあえず車を走らせたらガンジー牧場に到着しました(笑)

Dsc_0765

車を降りてちょっとしたら、本格的に雨が降ってきたcrying

でも向こうの空を見たら、少し明るかったのでしばらく車の中で待機。

30分ほどしたら、雨が一瞬止みました。

よしよし。

「敷地内は、店舗以外ならワンちゃんOKですよ。」って飼育係りのお兄ちゃんが言ってくれたので、風太も一緒に散策。

Dsc_0768  Dsc_0769

モコモコの羊がいました。

Dsc_0771

うさぎや

Dsc_0772

ヤギも。

この子ヤギちゃんだけ、フリーで飼育されていました。

Dsc_0773_2 

こんなの見っけhappy01

まずはヤギさんに。

Dsc_0779

ヤギも人参好きなんだぁ。

Dsc_0781

「ニンジンクダサイ」

Dsc_0783

コワッbearing

Dsc_0785

さっきの小さい子が寄って来たので人参あげてみたけど、食べなかった。

Dsc_0786

私が人参あげてる様子をジーッと見てる風太です

Dsc_0787

次はうさちゃん

Dsc_0790

人参の群がるうさぎたち

Dsc_0791

可愛いlovely

特に真ん中の子がまるに似てて、人参食べてる口がとても懐かしくてweep

Dsc_0792

うさぎ団子。ぎゅうぎゅう(笑)

Dsc_0795

さっきの子ヤギさんがついて来ました。

人参食べる?

Dsc_0797

今度は食べてくれた。

可愛いーheart

Dsc_0808 

お馬さんにも

Dsc_0811

はい、どーぞ。

Dsc_0810

馬でも催促する時は、前足出すんですね。

Dsc_0816

窓からこっち見てます。

Dsc_0817

最後はソフトクリーム食べて、ガンジー牧場は終了。

さすが牧場のソフトクリーム。美味しかったconfident

久住高原ロードパークを通ります。

Dsc_0818 Dsc_0821

紅葉が始まっていてキレイでしたが、雨が降っていて車から降りられず。

Dsc_0829

これで晴れてたらもっと良かったんだけど。

途中展望スペースもあったけど、とにかく霧で何も見えませんでした。

九州の景色って壮大で素敵なのに、今回は見られずに心残り。

とりあえず別府に到着。

道の駅で「ひやき」というオヤツ買いました。

Dsc_0831

クレープの皮のようなものでサツマイモ餡を包んであります。

どうせ甘いんでしょって思ってたら、とっても美味しかった。

Dsc_0832

お昼ご飯には、ごぼうの天ぷらの入ったお蕎麦食べました。

P1010260

雨がまた止んだので、別府の海沿いにある公園でお散歩しました。

ほとんど車の外に出られなくて、ごめんね風太。

それから別府で温泉に入って、目的の居酒屋さんへ。

Dsc_0834

まずは かぼす梅酒。

初めて飲んだけど、美味しかったー。

Dsc_0836_2  Dsc_0837

Dsc_0838_2 豆腐サラダ

とてももっちりした豆腐でした。

Dsc_0840 関サバ、関アジのお刺身

身がぷりっぷりで脂ものっていて、はまちみたいでした。

Dsc_0841 とり天

お肉がとても柔らかくジューシーで、本当に美味しかった。

Dsc_0842 茶碗蒸し

これはパパの注文

完食してたから美味しかったんだと思う(笑)

お店の雰囲気も良くて満足。

さて。

本州へ移動です。

なんか心残りがいっぱいの九州旅行になっちゃいましたweep

またリベンジに来ます。

待ってろ九州!!

最終日へ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧