« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

まる お月様へ

今日6月29日 午前8時20分

まるがお月様へと帰っていきました。

私が仕事に出るのが、だいたい8時半。

その直前に旅立ちました。

もういつ旅立ってもおかしくない状態にあったので、今日留守番させるのは気が気じゃなかった。

その私の気持ちを察してか、ちゃんと看取らせてくれました。

私はまるを初め、ミュウにも風太にもりんくにも、逝く時は私のそばで逝って欲しいと常々頼んでいます。

まるはちゃんと約束を守ってくれた。

仕事から帰ってパパと一緒にまるを連れて、火葬してもらってきました。

今は小さくなって帰ってきています。

まる、本当によく頑張ってくれた。

私に介護させてくれてありがとう。

後ろ足を引きずり始めてから介助する時、ご飯が食べにくくなって給餌する時、お水を飲ませてあげる時、発作で倒れて寝たきりになったまるを抱き締めて寝た時、発作で苦しむまるの頭を見守るしかなく撫でていた時。

どんなにあなたを愛おしいと感じたことか。

鳴き声もないし、表情も変わらないまるだったけど、私を必要としてくれているのはとてもよく伝わっていました。

職場に着くまでの20分間、車の中で泣きながら通勤したけど、まるがもう苦しまなくて済むこと、そして私自身の気持ちがとても軽くなり、ホッとした気持ちもありました。

その小さな体がここに無くなってしまったのが、とてもとても寂しいけど、昨日の夜いっぱい思い出話したもんね。

どこにいても私がまるを愛してることに変わりはないと、何度も伝えたもんね。

まるが「そろそろお別れの準備をしておいて」と1ヶ月前に言ってくれたおかげで、この瞬間を受け止める覚悟がある程度出来ていました。

昨日自然療法の先生が、「もうきっと長くは生きられないけど、ちゃんとまるのタイミングで逝くから、後はまるに任せて大丈夫。」って言ってくれたけど、本当にその通りだったね。

今日じゃなかったら、パパも一緒に火葬には行けてなかったよ。

私もある意味ホッとして出勤することが出来た。

私のワガママ聞いてくれてありがとう。

亡くなったのにこの言葉が適当なのか分からないけど、本当に最高のタイミングだった。

約7年半、私が嬉しい時も悲しい時も一緒にいてくれてありがとう。

少しずつ、まるとの思い出も綴っていくね。

とりあえずゆっくり休むんだよ。

本当にありがとう、まる。

大好きです。

|

2011年6月 4日 (土)

お気に入りの川へ

しばらく行けそうにないので、私のお気に入りの川へ行きました。

Img_0772

今日も誰もいなーいgood

Img_0767 Img_0768

今日はパパも私も完全装備

Img_0766

では、レッツゴーhappy02

Img_0784

Img_0787

風太エンジンnote

Img_0790

一緒にかけっこー。

Img_0779

岩の上で休憩。

Img_0792

木の枝沈めたよ。探してね。

Img_0793

見つけたー。

Img_0763

水遊びの時、風太はよくこんな表情をします。

「石投げて」とか「一緒に流れよう」とか。

とにかく楽しいことしようって期待の眼差しでこっちを見る。

私はこの表情を見ると、うまく表現出来ないけど、浮かれてしまう。

子供かってくらいに、私がはしゃいでしまう。

何かとっても楽しい1日でした。

|

2011年6月 3日 (金)

舞い降りた天使

ここ数ヶ月ずっと迷っていることがありました。

まるに全身麻酔をかけるか否か。。。

うさぎの歯は伸び続けます。牧草などを食べて歯を削っていかなければならないのですが、まるは昔から牧草を食べてくれません。

歯が伸び続ければ上下の歯がぶつかって、真っ直ぐに生えられずほっぺの方に向かって伸びてしまうので、ほっぺに当たって痛くてご飯が食べられないということになってしまいます。

だから定期的に歯を削ってもらっていました。

でもそれには全身麻酔が必要。

衰弱している今のまるに全身麻酔が耐えられるのか。

でも処置しなければご飯を食べられなくて、死んでしまう。

悩んでたらお友達が言ってくれました。

「とりあえず歯切りの予約入れてみたら?そしたらまるちゃんが何かしら答えに導いてくれるかもしれないよ。」って。

だから予約入れました。

そしたら前日、もう今日でお別れかと思うくらいに調子悪くなりました。

だからキャンセル。

そして翌週6月3日、予約を入れ直しました。

前日。

まるを胸の上に乗せて寝ました。

たくさん撫でて、たくさん話しました。

明日が来るのが怖くて怖くてたまりませんでした。

でも時間は経つ…

当日の朝。

私が怖がっていても仕方ないので病院へ。

今日はパパも風太も一緒。

先生にまるを預けて、何かあったら絶対に携帯に電話して下さいと、しつこくお願いしました。

P1010105

直前のまる。

預けた後は病院の近所のドッグカフェでお昼ご飯を食べて、近所の公園で風太とお散歩。

P1010107

携帯鳴るなー、鳴るなーって念じながら。

P1010108

ご機嫌に歩いてるけど、とにかく今日は暑過ぎsweat01

P1010110

何やら競技会やってました。

良いなぁ、乗馬horse

P1010113

あまりにも暑いのでちょっくら小川に入水させてあげたら、水の中でゴロゴロしてたhappy01

P1010114

その後はホームセンターでお買い物。

まるの使うおしっこシートを購入。それからまるの自然療法の次回の予約も入れた。

まるにはまだ先があると思いたいから。

そしてお迎えの約束時間の17時。

少し前に受付をして、まるが帰ってきてくれるのを待ちました。

なのに。

後から来た飼い主さんに他のうさぎは返されていくのに、まるが帰って来ない。

受付順に呼ばれるはずの診察室。

私の番号だけ飛ばされました。

絶対おかしい、何かあったんだ。

心臓がドキドキして、手が震え始めました。

何か話したいのに、口を開けばパパに「まるは?」って聞くばかりの私。

  もうダメなら仕方ない。とにかくまるを返して

何度もそう思いました。

私の不安が風太にも伝わったらしく、心配そうに何度も私を見てました。

20分後、院内放送で呼ばれたので走って診察室へ。

P1010115

やっぱり麻酔から醒めるのが他の子たちより遅く、ずっと酸素室に入れてもらっていたらしい。

先生に何度もお礼を言って、風太とパパが待つ待合室へ。

椅子に座った途端、涙がどーっと溢れました。

痩せに痩せて700gちょっとしかない体で、本当によく頑張ってくれた。

小さい体をギューって抱きしめて、「おかえり」と言いました。

今までの私の人生で嬉しい出来事ベスト3入りですshine

歯切り後、劇的に元気になったかと言われたら答えはNOなのですが、食べるのが楽になった様子なので、思い切って良かったと思っています。

私のブログのタイトルは、もちろん4匹の子供たちのことを指しているのですが、まるはもう「いっぱいいっぱい天使☆」です。

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »