« 再び、どん底へ | トップページ | 逆転勝利 »

2008年4月17日 (木)

…。

昨日K獣医科病院に行った時、院長先生が今の風太の現状をF動物病院の院長先生にメールで伝えて、対処法や今後のことを決めると言ってくださいました。

そして、今日返事が来ました。
F動物病院の院長先生は「対処の仕方が分からないので、K獣医科病院にお願いしたい」とのことでした。
そんな無責任なことがあって良いのでしょうか。

私が抜糸に行った時は、膝蓋骨脱臼で手術が必要だとハッキリ言ったのに、お散歩もトイレ以外は制限したほうが良いってハッキリ言ったのに。

このまま私がK獣医科へ行かず、F動物病院に行っていたら、風太は悪くもないのに膝の手術までされるところでした。

こんなことってあって良いのでしょうか。
F動物病院を信用して風太をお任せしたのに…
この結果は許せません。
と言うか、悲しくて仕方ありません。
なんかもう私が立ち直れなくなってしまいました。

K獣医科の院長先生は、「うちで良ければ、風太くんをしっかり治療します。風太くんの足の痛みをなんとか治すのが先決問題だと思います。痛みの原因を治し、着地して歩いてこそ筋肉も発達してくると思います。今のままですと、筋肉が衰えていきます」と言って下さいましたが、頭の中が真っ白でよく分かりません…。

|

« 再び、どん底へ | トップページ | 逆転勝利 »

病気・健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再び、どん底へ | トップページ | 逆転勝利 »